クイズのコメントへの返信

とりあえず、1人は正解です。

もう一人の方は、ちょっと違いますね。

問題には、分かりにくかったかもしれないですが、ロイパラ側は片方のバロミがロック『呪縛』されてますのでガード値が違ってきますよ。

カタカナでロックって書いたのが分かりにくかったのかも知れませんね。

その場合はこちらのミスです。

先ほど訂正しておきました。

正直な話、今回の問題はさほど難しくないというより、わかる人にはすぐにわかってしまうものですので、もしかしたら、解答の説明を省いてるだけで、僕の読み間違えかも知れませんが( ̄▽ ̄;)

できれば、もう一度、コメントしてくださるとありがたいです。
スポンサーサイト

何で、ハズレBOXをとるのか、不思議でならない。

さて、インフルエンザにかかっても、買うものはちゃんと買いますとも!!

ゼクスを買ってきましたよ!!

中身は以下の通り


IGR
天王寺飛鳥

ZXレア
気高い女王ローリエ

SRホロ
九大英雄ランスロッド

SR
九大英雄ランスロッド×4(皆勤賞)
覇王竜カーディナルブレード×2
滅獄竜デスティニーベイン
七大罪色欲の魔人ルクスリア×2
オリジナルサーティーン×2
機鋼竜ドライブピニオン×2
十二使徒宝瓶宮ガムビエル×4(皆勤賞)
天界竜ホーリースカイ×2


あれ?ハズレBOXだよね?

ヴァンガードや遊戯王だけでなく、ゼクスでもハズレBOXを用意しますか?

フタバの馬鹿やろう。

でも、色々と付き合いがあるので、買う場所はフタバのみ。

頼むからもっと運のある人が箱を選んでください。
きっと毎回同じ人が選んでるはずです。

とりあえず、足らないSRは緑のドラゴンだけだから、もう一箱はいかないです。
まあ、例え足りなさすぎても、金銭的にもう一箱は無理ですね~

後は、R枠のイグニッション関係が欲しいところです。

デッキ作りも終わりましたが、まだ調整が必要ですね~

まあ、調整しようにも、できませんが(笑)

周りにプレイヤーがいない悲しさと来たら(笑)

とりあえず、こんな感じですね~

ではまた~

昨日も今日も起き方がよろしくないけど、更新がいつも通りできるのはいいことかな?

今日は誕生日な訳ですが、インフルエンザと運がなく、その影響か、今日も大量の汗で起こされました( ̄▽ ̄;)


昨日はゼクスのデッキ構築を話したので、今日はゼクスのプレイングについてです。
(注)
今から書く説明はあくまでも個人的意見で有り、100%正しいとは言えません。


まず、先攻か後攻かを決めた後のマリガンについてです。
ゼクスのマリガンは、手札をすべて山札に戻し、もう一度引き直します。


これは、先攻か後攻かでやり方が変わると思います。

先攻の場合、手札に3コストが1枚は欲しいところです。序盤からワンパン入れるだけでもテンポをぐっと持っていけるので、大事です。
ただし、他の3枚があまりにも高かったり、イグニッションだけだったりすると、少し問題があるので変えたいですね。
ベストは3~4があることです。
ただ、最低でも4コストがあれば、後攻の返しに出せるので、序盤から手札を使いたくない方は、4コストを最低でも1枚来るようにしましょう。


さて、後攻側ですが、こちらの場合は、必ず3コスト以下のゼクスが欲しいところです。
まず、先攻が1ターン目から攻撃できるので、スタートカードがいないなんてことはよく有ります。
なので、初期手札に3コスト以下のゼクスか、3コスト以下のゼクスに影響を与えるイベントがないと、一気に防御にまわることになります。
ただし、多色デッキでイベントを持っている場合は、色が揃わない可能性もあるので、多色デッキでのイベント残しはオススメしません。
一応、後攻から2枚ずつ引けるようになりますが、その時に3コストを引く確率も低いと思うので、最初から反撃または壁要因は欲しいところです。


マリガンの次は、ゼクスの出しかたですが、基本的にこのカードゲームはパワーユニットよりも数かなって感じがします。

つまり、5コストバニラを展開するよりも、3コストと2コストを同時に出す方がいいということです。

ゼクスのフィールドは3×3の9マスです。
つまり、場にお互いあわせて、9枚しか場に出せません。
そのうち、自分が出せる枚数は8枚です。

なので、数で盤面を埋めるのは、意外と効きます。
それをいかしたのが、ウィニーです。

例えば、相手のカードが8000のバニラなら、3コストバニラ(5000)と、2コストバニラ(3500)で勝てます。
あと、2枚処理するのに、相手も基本的には2枚使わないといけないので、2体同時召喚は結構対処しにくいですね。

そういうことも考えながら、ゼクスを出していきましょう。

次はリソースのためかたですが、これは、先読みが大事です。
どのカードを置くのかはとても重要です。

ちなみに、リソースをため続ける人がたまにいますが、これは正解と言いにくいです。

まず、リソースがいくらあっても、手札がなければ宝の持ち腐れです。

リソースは使いきるか、イベント用に残す程度で充分足ります。

なので、自分のデッキを組み上げた後は、まず何枚リソースがあれば充分なのかを頭に入れましょう。

そうすることによって、無駄な手札消費をぐっと押さえることができます。

例えば、ウィニーデッキは入っているものが4コスト以下なので6コストあれば充分に動けます。

普通のデッキは最高コスト+反撃イベントのコストくらいあれば充分だと思いますね。

自分のデッキとよく相談しましょう。

ちなみに、僕もたま~に、リソースを無駄に伸ばしてじり貧になることが多いです。

気を付けたいですね~


とりあえず、今日はここまで。

ちなみに、昨日、新弾が手に入らなかったので、無茶苦茶暇でした。

まあ、インフルエンザだから買いにいきづらかったのでよしとしますか。

とりあえず、今日は体調もよさそうなので、買いにいきたいです。

あと仕事は休みます。(社会的には問題かも(笑))

ではまた~

ゼクスのデッキ構築で他のカードゲームと違うのは、バニラの重要性じゃないかな?(ヴァンガードもそうかも)

コメント返信
~966さんとタカドンさん~
とりあえず、体調は回復しましたが、様子見で仕事は今週一杯休みます。


さて、ゼクスの新弾まであと少し。

早い人は今日、遅い人でも明日には買えますね。

ここで、僕が考えるデッキ作りのポイントについて、書いていこうと思います。

まずは、切り札選びです。
1種類から2種類くらい選びましょう。

プレイヤーカードを参照するカードやド派手なカード、なんでも構いません。

次にそのカードの色、コストを確認し、色とコストバランスを考えます。

色は2色~3色がいいでしょう。

慣れないうちは2色が安定します。
(コストバランスについては後半に書きます。)

2色なら25枚ずつが最適ですが、片寄らせるのもありでしょう。ただ、回しやすくするなら、最低でも10枚以上はつみたいですね~


上記のことを考えながら、イグニッションとの割合を考えていきます。

イグニッションはデッキに必ず20枚ピッタリ入れないといけません。

なので、イグニッションとのバランスは大事です。

このバランスは、デッキにイグニッション以外のカードをどのくらい入れたいかでバランスが変わって来るので、正解はないと思いますね~


次に、コストバランスです。
コストバランスもデッキによって変わってきます。

基本的にはイグニッションで低コストゼクスが入るので、3コストカードはいらないです。(ウィニーは別)
次に中コストですが、各色でバランスよく組んでもかまわないし、色別にコスト分けしてもいいでしょう。

ただ、このカードゲームの性質上、パワーバランスが大事ですね。

できれば、それぞれのコストにバニラを複数枚入れたいです。


次にイベントとゼクスのバランスですが、イベントは10枚以上いれない方がいいです。っと言うより、10枚は多いと考えてください。イベントが多いとカウンターは強いですが、その分展開ができない可能性が増えてしまいます。
そうなると、カウンターをしようにも攻めれなかったりしますので、イベント枚数には気をつけて構築していきましょう。
戦闘サポート2~5枚、別サポート2~5枚程度で大丈夫だと思いますよ。


最終的にはカードテキストと切り札の噛み合わせを確認しつつデッキを構築していきましょう。


一番手っ取り早いのは人のデッキを丸々ぱくって、考えることですね。

人のデッキを丸々ぱくったら、何故こうなっているのかをよく考えると、色々と得るものがありますね~


僕は基本的に自己流ですが、手詰まりを感じたら、人のデッキを丸々ぱくってしまいましょう。

言い方を変えれば参考にするってことですね。


とりあえず、こんな感じ。
ではまた~

最初はあんまり作る気なかったけど、気がついたらこんなにも作ってた

コメント返信
~966さん~
本当に、ランスロットさんはハズレ枠って感じです。お互いにいい箱でありますように♪



とりあえず、何となくだけど、ゼクスの新弾発売前に自分の所持デッキの内容を簡単にご紹介します。

まず、所持デッキの数ですが、メイン主人公の数だけあります。
用は10個です。
そして、全て単色となっています。

では、簡単に内容を説明します。

1.黒崎 神門(くろさき みかど)
パートナーゼクス
九大英雄アレキサンダー

パートナーゼクスがブレイバーと言うことで、ブレイバーデッキにしています。基本的には、パートナーゼクスと同じ種族で構築するようにしています。
3弾でも引き続きブレイバーデッキとなるでしょう。


2.倉敷 世羅 (くらしき せら)
パートナーゼクス
究極強竜オリハルコンティラノ

パートナーゼクスがギガンティックなので、ギガンティックをメインにしたビートダウン構築。ただ、ギガンティックだけでは、種類的にも限界があったので、ミソスを選び混ぜています。スタートカードにはマイスターも。
3弾ではギガンティック単にできそうです。(イグニッションは別)


3.天王寺 飛鳥 (てんのうじ あすか)
パートナーゼクス
誇りのフィエリテ
清廉な想いフィエリテ

パートナーゼクスはエンジェルと言うことで、エンジェルデッキになっています。イグニッションは別ですが、基本的にはエンジェルのみとなりますね。
3弾もエンジェルを貫きます。


4.弓弦羽 ミサキ (ゆずりは みさき)
パートナーゼクス
秩序の頂点サー・ガルマータ

パートナーゼクスはガーディアンなので、メインはガーディアン。しかし、ガーディアンも数が少ないため、ケットシーを組み合わせてます。ケットシーを組み合わせた理由は、イグニッションの種類と、単純にケットシー効果があったから。
3弾はガーディアンよりに変更予定。ケットシー、癒しをありがとう♪


5.上柚木 綾瀬 (かみゆぎ あやせ)
パートナーゼクス
四足の勝利者ズィーガー
漆黒の刃ズィーガー

パートナーゼクスはプレデターとなっていますが、2弾状態で、プレデターの種類が少ないため、メイン種族はトーチャーズとノスフェラトゥになっています。
3弾でプレデター強化は確定していますが、バニラ、イグニッションの種類によっては、継続してどちらか片方の種族を組み合わせようと思っています。


6.天王寺 大和 (てんのうじ やまと)
パートナーゼクス
宵の魔人クレプス

パートナーゼクスはディアボロスなので、ディアボロスデッキとなっています。3弾以降もディアボロスデッキ安定かと。
ただ、種族デッキの中でも、プレイング難易度は高め。久しぶりに使うと回せなかったり。
サポート用にノスフェラトゥのカードをいくつか採用しています。


7.各務原あづみ(かがみはら あづみ)
パートナーゼクス
ソードスナイパーリゲル

パートナーゼクスがバトルドレスなので、無難にバトルドレスデッキに。
問題点がパワーの低さ。
なので、他の種族からバニラを仕方なく入れたりしています。
3弾ではバトルドレス単にしたいところですが、パワーバランスを考えながらの構築になるのは間違いないので、多分単種族は難しいです。


8.戦斗 怜亜 (せんと れいあ)
パートナーゼクス
超鋼神器ローレンシウム

パートナーゼクスはメタルフォートレスですが、サポートが少ないため、マーメイドの移動能力を取り入れてトリッキーなデッキに仕上がりました。
プレイング難易度が高いものの、うまい人が使えば、結構強いんじゃないかな?って思ったり。
ともかく、動かすカードは強いです。
3弾ではメタルフォートレス強化カードもでるので、メタルフォートレスよりになると思います。


9.青葉 千歳(あおば ちとせ)
パートナーゼクス
刀の武人 龍膽

パートナーゼクスがホウライということでホウライデッキになっています。
3弾以降もホウライでがんばります。


10.剣淵 相馬(けんぶち そうま)
パートナーゼクス
樹海の乙女フィーユ

パートナーゼクスの種族はライガンスロープだけど、2弾段階では、うまく組めなかったのでプラセクトも織り混ぜて作っています。
緑らしい高パワーデッキに仕上がりました。

3弾からはライガンスロープ系のカードがでるみたいなので、そちらに寄せてもいいけど、意外と今が落ち着いてたりしているので、少し悩み所。
多分、3弾以降、考えることになりそうです。


『番外編』
余談になりますが、3弾以降はこの10個に加え、竜の巫女デッキを考えています。
コンセプトはなんといっても、5色+ドラゴン。
構築難易度、プレイング難易度が両方高めですが、チャレンジしていきたいと思います。
ただ、他の主人公デッキにキーパーツを持っていかれていますが、なんとか形にはなると思います。


もし、この中で知りたいデッキがあれば、3弾前にのせます。
3弾以降が知りたい場合は、少し待ってください。

長くなりましたが、今日はここまで。

ではまた~
プロフィール

Author:ナリ
見てくれた方・・・・ありがとうございます。

山口県に住んでいます。

色々なカードゲームをしています♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR