デュエマの分かりにくいルールについてメモ シールドトリガーの処理について

デュエマで、シールドをブレイクするとき、1枚ずつブレイクするというルールから1度に指定枚数全てをブレイクするというルールに変わりました。

これは前にも書いたと思います。

今回はその時に出たシールドトリガー(以下ST)の処理についてです。


2枚以上同時にブレイクされる場合、STの有無を確認し、STの使用宣言を全て行ってから好きな順番で解決していきます。

そして、STの処理はクリーチャーと呪文で異なります。
クリーチャーは出すまでがSTの効果なので、バトルゾーンに出た時の効果は、全てのシールドトリガーの処理が終わってからになります。

呪文は唱えるのがSTの効果なので、効果を全て使用することになります。

ここは間違えないようにしたいところです。

あと、STの処理中に置換効果以外の効果は割り込まないとのことらしいです。


さて、これらを踏まえていくつか例をあげていきます。

相手の場に、単騎連射マグナムがいて、シールドを1度に2枚ブレイクされました。
この時に出たのが、

アクアサーファー
デーモンハンド

です。
一見するとアクアサーファーは使ってもしょうがないように見えますが、デーモンハンドから先に処理し、単騎連射マグナムを破壊することで、アクアサーファーをバトルゾーンに出すことが可能になります。


逆にアクアサーファーから処理をしてしまうと、アクアサーファーはバトルゾーンに出ずに破壊されてしまいます。

使う順番はよく考えましょう。


次に、相手の場に禁断 ー封印されしXー(以下禁断)があるときにシールドを2枚ブレイクされました。

この時に出たのが、

テック団破壊GO2枚

でした。

このテック団破壊GOで禁断のコアを全て手札に戻すことは可能ですが、そのまま禁断を破壊することはできないです。
前述した通り、STの処理が終わるまで、他の処理は挟まないことになっているため、禁断解放が後回しになってしまうのです。

なので、

1.テック団破壊GOで手札に戻す

2.禁断の封印が全てなくなるが解放は待機状態

3.残りのテック団破壊GOの処理

4.待機中の解放を行う

という流れになります。


では、もう少しややこしくしましょう。


相手の場に禁断、単騎連射マグナムがあります。
シールドを2枚ブレイクされました。
この時に出たのが、

テック団破壊GO
アクアサーファー

です。
この時、テック団破壊GO、アクアサーファーを使用宣言し、テック団破壊GOから使っていきます。
この時の処理がまたややこしい。

では書いていきます。

1.テック団破壊GOの効果で、コスト5以下のカードを全て手札に戻す。

2.禁断の封印が全てなくなるが、解放は待機状態となる。

3.単騎連射マグナムがいなくなったことで、アクアサーファーを場に出すことができるから、アクアサーファーを場に出す。
STクリーチャーの処理はバトルゾーンに出すまでなので、バトルゾーンに出た時の効果は待機状態。


4.シールドトリガーの処理が全て終了したので、待機状態の効果をターンプレイヤー側から解決していく。

5.ターンプレイヤーは相手なので、禁断が先に解放され、アクアサーファーに封印される。

6.封印前にバトルゾーンに出た時の効果は発動しているため、アクアサーファーの手札に戻す効果が発動し、禁断を手札に戻す事ができる。


となります。
実にややこしい。

この裁定はあくまでも記事を書いている頃の裁定なので、もしかしたら変わってくるかもしれませんね。


結局のところ、シールドのブレイクするルールが変わったおかげで、このような複雑なことにはなってしまってますが、逆転の可能性は増えたと考えるべきなのかもしれませんね。

今日はここまで。

ではまたー
スポンサーサイト

デュエマの分かりにくいルールについてメモ 踏み倒しメタについて

今日はデュエマのお話。

デュエマには踏み倒しを制限するカードがいくつか存在します。

オリオティスやヤドック、マグナム、オニカマスですね。

その制限にも種類がいくつかあります。


1.出した時に別のゾーンに移動させる効果。


2.出す代わりに別のゾーンに移動させる効果。

3.出すことそのものを制限する効果。


テキストを読むとこんなところでしょうか?

今回注目したいのは、1と2の違いについてです。

同じような事が書いてありますが、実際は違います。

別のゾーンに移動させること事態は変わらないのですが、踏み倒したクリーチャーの、バトルゾーンに出した時の効果を使えるかどうかが違います。


1の方はバトルゾーンに出した時に別のゾーンに移動させる効果なので、1度バトルゾーンに出しているから、出たときの効果は使用可能です。


2の方はバトルゾーンに出る代わり、つまりバトルゾーンに出ないまま別のゾーンに移動させる為、バトルゾーンに出した時の効果は使うことができないのです。


これを知っているかどうかで、やれることは変わってきますから、相手が使っている踏み倒しメタが1~3のどれに含まれるのかをよく確認すべきですね。


あと、踏み倒しメタは3以外は踏み倒しそのものは行えます。
たまに、踏み倒しができないと勘違いしてる人がいるので、気を付けましょう。

今日は踏み倒しメタのお話でした。

明日はシールドトリガーの処理について書いていきます。

今日はここまで。

ではまたー

決勝戦での致命的なプレミについての反省会!

今日はデュエマ記事の曜日なのでデュエマ記事。

今回は前回の大会の反省会(笑)

決勝戦までいくのに多々危ない場面がありましたが、一番納得いかないのはやはり決勝戦。

決勝戦での致命的なプレミがかなり心に響いています。

初手に2マナサバイバー、モクレン、父なる大地がありました。

相手はゼニスのデッキでマナにNをおいてました。

こちらは後攻。

【1ターン目】
お互いにマナチャージ。

【2ターン目】
相手はマナブーストで3マナに。
こちらは普通に2マナサバイバー。

【3ターン目】
相手はさらにマナ加速し、5マナに。

こちらはモクレンを出し1パンして4マナ。

【4ターン目】
相手はセブンスタワーとマナ加速を駆使し一気に10マナに。

こちらがこのタイミングで父なる大地を発動しマナからNを引っ張り出す。


ここがプレミです。

結果、次のターンにローゼスを出されて、手札が10対0になり一気にやりたい放題されました。


この父なる大地を使ったのは手札の補充+相手の計算を狂わすのが目的でした。

しかし、相手がゼニスデッキである以上、ローゼスは警戒すべきでした。

いや、ローゼスを引かなければいけると、その時思ったわけです。

引く引かないは運でしたから結果論ではあります。

ただ、引いた場合、または手札に持っていた場合をその時冷静に考えるべきでした。

今回の場合は相手の手札がマナ加速のせいで1~2枚程度しかなく、こちらの手札も2枚~3枚の状態。

盤面はこちらがサバイバー2体で相手が0。
シールドは4対5。

仮にこのタイミングでローゼスを手札から出されたとしても、モクレンがいるのでマナ加速はある程度なんとかなるから、引いたカードを温存しつつビートダウンするという考えを持つべきでした。
ローゼスを出した場合、手札は6対0くらいになりますが、盤面が勝っているはずなので、殴りきることは十分可能だった可能性があります。

それに持っていない確率の方が高かったので、そうすべきでした。

ウエディングを出されたとしても同様の事が言えます。

もし出されたら、出さなかったら・・・・・そういう可能性をすべて考えた上で父なる大地を使うべきでした。

初手に父なる大地。相手のマナにNが置かれた瞬間、父なる大地からNという流れは思い付きました。

しかし、それにとらわれ、考えが単調になっていたのが、かなり悔しいです。

正直なところ、勝てる可能性がある試合でした。

その最大のチャンスを逃した僕はまだまだですね。

次の大会の時はもっともっと考えて、そのときの最善の1手をしていきたいです。


ふぅ~

とりあえず、モヤモヤしていたことをかいたらスッキリしました。

次の大会も頑張ります!!

ではまた~

考察というよりは使用感メモです♪(デュエマ記事)

今日はデュエマ記事ですよ~

今日のデュエマ記事は、スーパー龍解のパーツの3枚についての使用感をメモしていきます。

極には
【龍魂城閣レッドゥル】
【龍魂遺跡グリーネ】
【龍魂教会ホワイティ】
の3枚が収録されています。

これらの使用感は以下の通り
【龍魂城閣レッドゥル】
5コストドラグナーにスピードアタッカーを与えれますね。
あと1パン欲しいって時には出したいですね。
レッドゥルの効果は呼び出したクリーチャー以外も選択できるため、色々な使い方ができます。
例えば、
ヘルボロフ→ウェルカムヘル→ニンジャリバン→レッドゥル→ニンジャリバンかヘルボロフにスピアタ付与→アタック→ウェルカムヘル効果
っていう流れや、
サソリス→ボアロアックス→マリニャン→レッドゥル→サソリスにスピアタ付与→アタック→ボアロアックス効果。
っていう流れもできたりします。
色々と使い方を考えると楽しい1枚ですね。

【龍魂遺跡グリーネ】
5コストドラグナーが1ブースト付きバニラになります。
なんだか書くと微妙に感じますが、実際の使用感は思ったよりも使いやすい印象。
というのも、やはり超次元のカードなので、5コストドラグナーの選択肢の1つとしては十分な選択肢となります。
特に5コストドラグナー→7コストドラグナーに繋がるのは強力。
ニンジャリバン→ヘルボロフ
マリニャン→イメン
フィッディック→モルトヘッド
等々。
これも色々と考え方があるカードですね。

【龍魂教会ホワイティ】
相手のクリーチャー1体の動きを止めることができます。
上記のカードに比べるとデッキを選んだり、戦況を選んでしまうカードですが、使用感は悪くない感じです。
ただやみくもに出したりしても弱いので、使い方が難しいカードですね。


【まとめ】
火と自然に関しては、超次元ゾーンに枠があり5コストドラグナーをいれていたら採用してもいいんじゃないかなぁ~って思います。
光に関してはちょっと考えて使っていきたいですね。
自然に関しては、5コストドラグナーの選択肢としては十分すぎる効果な為、5コストドラグナーを採用しているなら、採用したほうがいいのかもしれないなぁ~とか思ってます。

それによって今までにない動き(特に5→7の動き)ができるのはやっぱり面白いですね。

スーパー龍解に必要な残りの2枚についてはまだ発売してないし、本格的に使ってないので、今回はメモしません。

まぁ、今後メモするかどうかは別の話(笑)


今日はここまで。

ではまた~

青単デッキの構築案メモその1

今日もデュエマのお話。
仕事中に考えてたことをつらつらとメモ。

青単のことばかり考えてます。

龍素知新から龍素解析を打つデッキを諦めるとしても、デッキにギミックを入れておくのはありかな?とは思っています。

その際、どちらも1~2枚程度に押さえた方がいいかな?

龍素知新から打てるのが7コスト以下の呪文で、実際のところDS限定でいいのが龍素解析しか思い浮かばないのがなぁ~

新フォートレスのエビデシュタインも使いたいけど、呪文が多すぎると序盤が辛くなるのはみをもって体験しましたし、やはりバランスが難しいところ。

ドラゴンを10~13枚
呪文を10~13枚
ドラゴン以外のクリーチャーを14~20枚

くらいをめどに考えています。

クリーチャーはできるだけ低コストを選んで、序盤からビートをしていきたいかな?って考えています。


呪文に関してはできるだけコストをばらしておきたい。
というのも、ν・龍素王Q-ENDの効果が墓地の呪文を連打できるからですね。
呪文を13枚(MAX)入れるとしてもトリガー構成も考慮しつつうまくコストをばらしていきたいところ。


ドラゴンに関しては今回の弾で色々ともらったお陰でやっとまともに戦力として入れれそうです。
入れたいカードの候補をいくつかメモ。

【理英雄デカルトQ】
龍素解析を普通に打ってから出ると大きなアドバンテージを稼げる。
弱くないけどって感じもしなくはない。

【龍素記号Ogアマテ・ラジアル】
4コスト以下に優秀な呪文が増えたので採用圏内。
特にこいつを通常のコストを払って出して、スパイラルハリケーンを打つのはシンプルだけど強力。
逆にスパイラルハリケーン意外で何を選択するのかが難しいところ。

【術英雄チュレンテンホウ】
普通に強いと思う。
ただ場に残り続けるカードではないかな?って思ってます。
こいつを入れていると呪文はトリガー多目の方がいいのかもしれない。

【龍素記号Mjリンシャンカイホウ】
呪文が少な目な構築にはなるものの、出せなくはなさそうなので1枚入れようかな?と考えているカード。
呪文を唱えたらカードをバウンスできるのも意外と強いと思う。

【龍素記号Srスペルサイクリカ】
DSを代表する水文明のドラゴンといっても過言ではないでしょう。
7コスト以下と龍素知新と被っているものの、使った呪文が手札に来るためこっちの方が強いよねって話。
2は積みたいけど1枚しかないから1枚で。
まあ、1枚で十分な気もする。

【龍素記号Sgスパゲリア】
新規カードでSトリガーを得るドラゴン。出た時に5以下のカードを手札に戻せるので、採用圏内です。
アクアサーファーはクリーチャーを何でも戻せますが、フォートレスやドラグハートが増えてきているので、こちらを優先したいかな?と考えています。

【ν・龍覇メタルアベンジャーR】
ドラゴンのドラグナーの時点で採用圏内。
やっと龍素解析からドラグナーが出せます。
そうでなくても、普通に使えそう。
出せるドラグハートも範囲が広いため、2~4枚は採用して良さそう。

【龍素記号Xfクローチェ・フオーコ】
Gゼロ持ちのブロッカー。
役目としては墓地にいってしまったクリーチャーをデッキに戻すということ。
こいつを入れることで1積みカードを何回か使い回せそうな気もしなくはないですね。
龍素解析でドラゴンがいないってことも避けられそうだし、山札切れも押さえることができるため採用圏内です。ただ、墓地を利用するリンシャンカイホウ、スペルサイクリカ、Q-END等とは相性が悪いかな・・・・うーん(-""-;)


とりあえずこんな感じ。

クリーチャーや呪文はまた違う日にメモしておこうかな?

ではまた~
プロフィール

ナリ

Author:ナリ
見てくれた方・・・・ありがとうございます。

山口県に住んでいます。

色々なカードゲームをしています♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR