クインテットウォールを使ってみての感想(コメント返信あり)

さて、今日は新しい守護者、クインテットウォール(以下QW)を使ってみての感想です。

ただし、まだすべてのQWを試したわけではないってことを先にいっておきます。(本当はすべて使ってから書くべきなんでしょうが( ̄▽ ̄;))


QWを使ってみたのは、むらくもと解放者のみで、2枚ずつ入れました。

解放者の方はゼニスではないただの解放者。
むらくもはЯのデッキ。

使ってみた感想としては、『面白い(楽しい)』です。
ランダムにガード値が決まるので、確実性がないんですが、逆にいってしまえば、そこがヴァンガードらしくも感じてしまいました。

面白いと感じたのは、いくつか理由があります。

まず、上記した通りランダムコールってところ。
ガード値がランダムな為かなりドキドキしますし、ガード値が足りなかった時には『やべぇ、足りねぇ(笑)』とか笑い話にもなったりしますので、そういう意味ではとても面白かったですね。

次に完全防御だと守れなかった場合でも、QWなら守れる可能性が出てきたってところです。
手札を1枚しか消費しないため、手札が少ない時にはとても便利でした。
それに、手札が2枚くらいしかないときに、ドライブチェックで引いたときの安心感は大きかったりします。
それに、完全防御4の時よりも、完全防御2、QW2の時の方が手札でかさばった時の戦略に幅が出てきて楽しかったですね。


手札的にもう守れないって盤面(4ダメ)でVの攻撃をノーガードして運よくクリティカルが出なかった場合にこいつで守りきれたってパターンがあったり、ダメージが全部裏だったけど、1ダメージ受けてドロトリからQWを引いて守り抜いたって経験もありました。
とにかく、戦略に幅が出来たんじゃないかな?って思えましたね。

ただし、『じゃあ、強いのかよ?』って聞かれたら多分僕はNOって答えるでしょう。
だって確実性がない上にコストを使いますので、使い勝手が悪いですからね。

強さを求めるなら、僕は完全防御をおすすめしますね。

ただ、面白さでいえば、QWの方が面白いです。

面白さを選ぶか強さを選ぶか、そこは人によりますね。
最後にこの記事はあくまでも個人的感想であって、こういう考えを持ってる人もいるんだよって思っててください。
絶対に違うとか、QWなんて使わないって人はそれでいいと思います。

とまあ、QWの感想はこんな感じですね~

ちなみに、今後もQWは出てくるでしょうが、僕はとりあえず完全防御2枚、QW2枚の構築をとったあと、まわしてみてから、変えたりすると思います。

あ、書くの忘れてたけど、個人的にQWの枚数は2枚以下の方がいいです。
3枚以上いれた場合、手札にかさばる可能性が高くなりますし、かさばった場合、処理しきれなかったってことがありますので、2枚が限度かなと思っています。
もちろんコスト面や山札の枚数も考慮しての2枚ですね。
3枚以上もありだとは思いますが、多分使いにくいんじゃないかな~って思います。
あえて試してみるのもいいかもしれませんね~


ではコメント返信
《コメント返信》
~まるまままさん~
本当に時間って足りないですよね。
いろんなG3を入れる構築は、なれないとちょっと難しいですよ~(笑)




ではまた~
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

中々に悩ませられるカードですよね。

15k要求に対して使う、など堅実に使う使い方もありだと思います。

後はクリティカル12にして問題ないデッキ等でも採用の余地はあるかなぁと言う感じです。

現時点だと宝石とかが使いやすそうですね。
プロフィール

ナリ

Author:ナリ
見てくれた方・・・・ありがとうございます。

山口県に住んでいます。

色々なカードゲームをしています♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR