たまには色々と混ぜてみますかね~

今日は昨日の仕事中に思い付いたデッキ案をつらつらと書いていきます。

そろそろヴァンガードのデッキが発売ですね~(日付忘れたけど。)

それのせいか、ロイパラのデッキが思い浮かんだんだ~

今回は前に書いた、構築ルールを無視して作ってみようかな~って思ってます。

んでイメージしたのが以下のデッキ

FV 光の聖域

G0
クリティカル×12
ヒール×4

G1×15
光の聖域×4
マロン×4
QW×2
完全防御×2
といぷがる×3?(自由枠)

G2×10
探索者のバニラ×4
ブラブレ探索者×2
光の聖域×4


G3×8
うぃんがる×2
探索者のバニラとレギオンするやつ×2
光の聖域のアンロック持ち×2
ダイゴドラゴン(名前忘れた)×2(自由枠)


すんごく単純な話でクリティカル捲って勝つだけのデッキ。
序盤から積極的に2パンをしていき、相手がG3ライドしてきた返しにレギオンしてガードを要求したいってデッキですね~

相手の手札が少なくなってきたら、光の聖域に乗り直してリミットブレイクを使い全ラインを21000~23000にして15000要求したいな~って感じ。

光の聖域を入れたのはコストを使わず展開したいから。
決めての光の聖域のドラゴンを使うためのコスト確保は大事だし、いざって時のQWのコストは残したいので、コストを使わずに1枚ほど展開できる光の聖域を採用しました。

あと、G2パワーラインを10000にもっていきったのもあります。
最近はG29000ライドが多いため、少ない手札でガードできるのは強みかな?って思ったので。

探索者のバニラを選んだのは、うぃんがるの効果対象になるということと、G3の探索者がRにいるときVに殴れば12000になれるのが魅力的だったので採用しました。
といぷがるとの組み合わせで21000までいけるのは強みだと思います。

序盤から中盤で一番意識するのはダメージをあまり食らわないこと。
つまり積極的にガードすること。

できれば、相手のG3ライドの返しにはレギオンしたいので、ドロップは増やしたいですね。

んでもって、レギオンするタイミングで相手が4ダメあるのも条件です。

そうなっておけばかなり楽だと思います。

トリガー配分は見ての通りクリティカル×12の攻撃型。
ヒールも要らないんじゃないかな?とか思いつつも一応投入。

あと説明するところは特にないかな~


とりあえず、作るかわからないけど、ネタがなかったので、イメージを書いてみただけです。

今日はここまで♪

ではまた~
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こにちわ

うわぉ(´ ̄ω ̄`)
珍しく思い切った構築ですねヾ(〃°ω°〃)ン
面白い♪
自分は最近ドロー多目の構築ばかりかな(○・ω・○)
プロフィール

ナリ

Author:ナリ
見てくれた方・・・・ありがとうございます。

山口県に住んでいます。

色々なカードゲームをしています♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR