考察というよりメモ的な感じの記事です。

今日もデュエマをいじりました。

今日は火単を相手にずっと回してみました。

水文明と光文明しか回してないですが、とりあえずメモでも。

【水文明】
リキッドピープル中心のトリガー多目って構築になりました。
アクアサーファーを長い間はずしていましたが、クリーチャーのシールドトリガーなので、またデッキに入りました。
リキッドピープルなので、ジャバキッド?でドローしやすくなっているはず。
火単との勝負も先に殴りきったら勝ちとシンプルな勝負に持っていけるようになりましたね~
火単相手には早い段階から攻撃していくのが勝ち筋になりそうです。


【光文明】
ルネッサンス中心は変わらないものの、ヘブンズゲートを増量してみました。
ヘブンズゲートは守りというより攻めで使いたい印象。
序盤から殴りたいもののなかなか攻撃できないので、ちょっとつらい。
ルネッサンスも必ず引く訳じゃないし、2マナ、3マナと並べても1体除去されるとかなりテンポが崩れるため、まだまだ調整すべきところがあるかな?って感じです。
純潔の翼メダロスは意外にも強く、使いやすい印象を受けました。
5マナ貯めれば、闇のパワーマイナス系列ではない限り、場を離れないアタッカーになるため、メダロスだけで攻めきることもありました。
場を離れないアタッカーは強いと、久しぶりに感じましたね。
ルネッサンスとも相性がいいので、4積みしたいと考えてます。
とりあえず、明日もいじる予定。



思ったことはこんなところです。

しばらくはデュエマ記事が続くと思います。

ではまた~
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ナリ

Author:ナリ
見てくれた方・・・・ありがとうございます。

山口県に住んでいます。

色々なカードゲームをしています♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR