所持デッキメモ【青単(ドラゴン入り)】(デュエマ記事)

今日はデュエマ記事です。
青単のデッキリストをメモしていきます。

【青単デッキ】

《クリーチャー》
アクア新参兵アイザック×3
アクア操縦士ニュートン×2
アクア・ソニックウェーブ×2
終末の時計ザ・クロック×4
大船長オクトパスカル×1
龍素記号Xfクローチェ・フォーコ×2
龍覇M・A・S×2
術英雄チュレンテンホウ×1
ν・龍覇メタルアベンジャーR×2
理英雄デカルトQ×1
龍素記号Sgスパゲリア×3
龍素記号Ogアマテ・ラジアル×1
龍素記号Srスペルサイクリカ×1

《呪文》
セイレーン・コンチェルト×2
ブレイン・ストーム×1
連唱ハルカス・ドロー×1
龍脈術落城の計×1
龍素力学の特異点×1
スペルブック・チャージャー×1
ブレイン・チャージャー×1
英雄奥義スパイラル・ハリケーン×1
龍素遊戯×1
幾何学艦隊ビタゴラス×1
龍素知新×1
龍素解析×1
金色証明×1
龍脈術水霊の計×1

《超次元ゾーン》
立体兵器龍素ランチャー/龍素戦闘機エウクレイデス/龍素記号Adユークリッド×1

龍芭扇ファンパイ/龍脈空船トンナンシャーペ/亜空艦ダイスーシドラ×1

真理銃エビデンス/龍素王Q.E.D×1
龍波動空母エビデゴラス/最終龍理Q.E.D+×1

超龍素要塞エビデシュタイン/ν龍素王Q-END×1
勝利のプリンプリン×1
勝利のリュウセイ・カイザー×1
勝利のガイアール・カイザー×1

デッキリストはこんな感じです。

各カード説明は追記からしていきます。
では各カードの説明から書いていきます。

《クリーチャー》
【アクア新参兵アイザック×3】
序盤に引きたいカード。
5マナたまるとブロックもアタックもされなくなるので、結構厄介。
2ターン目から出してちまちま攻撃したい。
4枚は入れすぎかな?って思い3枚に。

【アクア操縦士ニュートン×2】
序盤のカードその2。
出すだけで仕事は終わり。
枚数を積んでも微妙だったので2枚に。

【アクア・ソニックウェーブ×2】
序盤に出ていると厄介なクリーチャーをいったん手札に戻したりして、テンポを崩すのに入れました。
弱くないものの、強くもないので2枚に。

【終末の時計ザ・クロック×4】
結局クロックは強い。以上。

【大船長オクトパスカル×1】
スピードアタッカー的な使い方をしてます。最後のひと押しや、中盤の攻撃に最適です。

【龍素記号Xfクローチェ・フォーコ×2】
デッキの中のカードがほとんど1積みなため、墓地にいくと回収できないから入れました。
相手によってはメタにもなるし、うまく使えばQ.E.Dの龍解の補助にもなります。2枚いるのかちょっとわかりませんが、一応2枚に。

【龍覇M・A・S×2】
6コスト以下をバウンスかつドラグハートを出せます。チャージャーからの流れは綺麗だけど、チャージャーがないと重さがネック。なので2枚に。

【術英雄チュレンテンホウ×1】
出たら強いね(笑)
トリガーを打つ効果はマナ武装が関係ないため、最速で出してもある程度仕事をします。
こいつのために色々とトリガー呪文を入れていますね。
セイレーン・コンチェルトとのコンボがなんかずるく感じました(笑)

【ν・龍覇メタルアベンジャーR×2】
やっとドラゴンのドラグハートをいただきました。
自身でドローできるところと、ドラゴンであるってところが意外と強い。
ドラゴンだから龍素解析から出てくるのは嬉しいところ。

【理英雄デカルトQ×1】
7コストのドラゴンのなかでは強力な分類ですが、ブロッカーってのがたまに痛いので1枚に。よくマナにいきます(笑)

【龍素記号Sgスパゲリア×3】
マナ武装でSトリガーがつくドラゴン。単純にトリガー要素、ドラゴン要素として採用しました。龍解前のドラグハートをある程度除去できるのも高評価ですね。

【龍素記号Ogアマテ・ラジアル×1】
デッキから4コスト以下の呪文を打ちます。
4コスト以下の呪文になかなかいいのがなかったので1枚にしました。
基本的にはチャージャーかスパイラル・ハリケーンですね。

【龍素記号Srスペルサイクリカ×1】
強いのを打てばいい。
スパイラル・ハリケーン→サイクリカ→スパイラル・ハリケーン打ってサイクリカとスパイラル・ハリケーン戻す→最初に戻る
っていやらしい使い方や単純に墓地に落ちたチャージャーを使ったり、龍素解析を使うのがメインです。
打ちたい呪文が少ないため1枚だけでいいやって思ってます。

《呪文》
【セイレーン・コンチェルト×2】
マナのカードを好きなときに回収できるし、マナに起きたまま置かれるので実質マナと手札を0マナで入れ換えることができるため、色々な使い道がありますね。その辺に関してはまた後程。

【ブレイン・ストーム×1】
序盤に打てればいいやって感じです。3枚引くのでエビデゴラスの龍解条件達成に役立ちます。

【連唱ハルカス・ドロー×1】
序盤にこいつ1枚があれば、2ターン目使用→3ターン目にリサイクルとなにもしないよりはましな動きが可能なので入れました。
弱くもなく強くもないかな?

【龍脈術落城の計×1】
3コスト呪文として採用。
トリガーなのでチュレンテンホウから打てるのは強み。ただたまに対象がいないときがある。

【龍素力学の特異点×1】
龍解サポートとしてかなり役に立ってます。Gゼロ呪文なので扱いやすいです。

【スペルブック・チャージャー×1】
呪文を手札に持ってきます。
呪文をまったく捲らないこともたまにあるため過度の信用はよくないです。

【ブレイン・チャージャー×1】
中盤にスペルブックかこっちかのどちらかを打てれば流れが作りやすいです。

【英雄奥義スパイラル・ハリケーン×1】
素直に強いと思います。
ただ、手札に2枚あった時が若干微妙と感じたので1枚にしています。

【龍素遊戯×1】
運がよければ3枚手札が増えます。
意外と3枚増える場面が多かったです。

【幾何学艦隊ピタゴラス×1】
2体バウンスの可能性があるものの、スパイラル・ハリケーンで立場が怪しいカード。
5マナ域の呪文として採用しています。

【龍素知新×1】
7以下の呪文で特にいいのもないため1枚に。こいつから龍素解析→メタルアベンジャーR→エビデンスで、エビデンスが龍解できます(笑)

【龍素解析×1】
ドラゴンを多目に入れた為不発は少なめ。でも失敗するときは失敗します。
重い呪文なので1枚採用。
【金色証明×1】
水単なので実質3コストで使えるのは強み。
墓地では8コストなので龍素知新から使えないもののたいして問題ではない気がする。
8コスト呪文というのが大事。

【龍脈術水霊の計×1】
Sトリガー持ちなのでチュレンテンホウから打つのが理想的。
一応手打ちでも弱くはないけど強くもないってところです。

《超次元ゾーン》
【立体兵器龍素ランチャー/龍素戦闘機エウクレイデス/龍素記号Adユークリッド×1】
意外と使う場面が多かった印象です。
龍解条件がターンのはじめなので、うまく使うとフィニッシャーになります。基本的には龍素戦闘機エウクレイデスの状態で場に出しますね。

【龍芭扇ファンパイ/龍脈空船トンナンシャーペ/亜空艦ダイスーシドラ×1】
相手によっては使うカード。相手が呪文を多目に入れているなって思ったらメタルアベンジャーRから直接トンナンシャーペを出してビートすると楽しいですね(笑)
特に超次元呪文を入れているデッキにはメタになりうるカードです。

【真理銃エビデンス/龍素王Q.E.D×1】
このデッキだと龍解はしやすい印象。
セイレーン・コンチェルトや龍素力学の特異点などをうまく使えば6コストでM・A・Sから龍解まで持っていけます。
龍解後は基本的にドラゴンを踏み倒す簡単な作業です(笑)

【龍波動空母エビデゴラス/最終龍理Q.E.D+×1】
このデッキだとちょっと龍解は難しいけど、まぁ悩んだらこいつって感じになってます(笑)

【超龍素要塞エビデシュタイン/ν龍素王Q-END×1】
龍解はセイレーン・コンチェルトを使えば簡単な方です。
龍解後は金色証明などを使えばほとんどの呪文が墓地から打てるので連続で呪文を連打していきましょう。
【勝利のプリンプリン×1】
【勝利のリュウセイ・カイザー×1】
【勝利のガイアール・カイザー×1】

勝利シリーズです。
青単じゃねぇとか突っ込まない。
トンナンシャーペで相手の超次元呪文を利用するために採用。
揃うことはないですが、たまに1枚くらいは出るので入れています。


【使い方】
序盤からアイザックで攻撃していきながら使えるものを使っていきます。
7コスト以降はてきとうにドラゴンを並べていくだけです。

【改造案】
えっと、とりあえずあんまり思いつきません。
今の状態がちょうどいい感じなので、しばらくはこのままで使う予定です。

【弱点】
このデッキは青単。つまりクリーチャーの除去は基本的バウンスになるため、召喚時効果やスピードアタッカーに対しては、きついものがありますね( ̄▽ ̄;)
【まとめ】
長々書きましたが青単にドラゴンを入れたデッキです。呪文とクリーチャーのバランスが難しいですが、個人的には納得できる形になったので満足です♪
みなさんも挑戦してみてください!

ではまた~
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ナリ

Author:ナリ
見てくれた方・・・・ありがとうございます。

山口県に住んでいます。

色々なカードゲームをしています♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR