デッキ構築って難しい

今日はとりあえず、サバイバーについて思ったことをメモ。

今回発売したサバイバーのデッキですが、ちょっと扱いにくく感じています。

2マナのサバイバーから3マナのサバイバーに繋がった時は強く感じますが、繋がらなかった場合の動きがかなり微妙。

毎回うまくいくわけでもないですしね。

4積みしていても引かないときは引きませんし。

動きとしてはビートダウンになるのかな?

とりあえず、僕が大会で使用したデッキは3マナ以下のサバイバーの枚数をいじったデッキで、結果的にはすべての試合で3マナ以下を引きませんでした。

しかし、友達が使ってみたり、フリーで使うと普通に来てました。

シャッフルの仕方が悪かったのかなぁ~


個人的な考えなんですが、序盤に必要なカードをとりあえず4積みってどうなんでしょうかね?

だって序盤に必要ってことは後半は役にたちにくいってことなんですよね。

もちろん例外もありますが、基本的に序盤に必要なカードを積めば積むほど、後半にいらないものが来やすくなると考えています。

どのくらいの割合がベストかと言われると正直困るんですが、個人的には多くても6枚かな?って感じています。
サバイバーで最初に使いたのは2マナのサバイバーで、一番使いたいのはアマリンαなので、アマリンαは4積みし、モリノオウジャダケαは2枚と考えています。
アマリンαは色合わせにも役に立つので、とりあえず4積み。
モリノオウジャダαはトリガーがついているけど、ついているから役に立ったということも少なかったので2枚にしてみようかと思います。

3マナのトリトーンβとモクレンβは3積みずつかな?
トリトーンβがドロー、モクレンβがマナ加速でどちらも必要なんですが、積みすぎもよくないんだよなぁ~

正直序盤に1枚出すだけでいいので、あわせて6枚がいいかな?って感じました。
最初はモクレンβを4枚、トリトーンβを2枚にしていましたが、ドローは欲しいって感じたし、使った人もそういっていたので、ならいっそとこういう配分にしてみようと考えています。

4マナのラッセルズβは結構いい仕事をするので増やしたいけど2枚が限界かな?って思ってます。

6マナ以上のサバイバーは正直なところちょっと使いにくいので、各1枚で使ってみようかと考えています。

最終的には以下のサバイバーを突っ込むつもり。


電磁星樹アマリンα×4
モリノオウジャタケα×2
トリトーンβ×3
猛毒モクレンβ×3

宣凶師ラッセルズβ×2
シェル・ファクトリーγ×1
シータ・トゥレイト×1
スターブルーフィッシュα×1
オメガ・ゴライアスδ×1
雲上の精霊オービスγ×1
キング・ムーγ×1


合計20枚です。
文明の枚数は、
自然:8
水:9
光:7
となっています。
40枚デッキで3色を使うなら、最低でも13~14枚は色が欲しいのでざっと計算すると。
自然:5~6
水:4~5
光:6~7 枚を追加できます。
最高枚数を足すと18枚。
まだ2枚余裕がありますね。

追加するカードは、できるだけ流れを意識したカードにしたいかなと考えています。

苦手なデッキ対策をするのもいいのですが、それよりかは、何が起きても回しやすいデッキを組むべきなのかもしれないと、最近は考えています。

3マナ以下のサバイバーが来なかった時の流れや、来た時の流れ。

色々な流れを意識したデッキ構築をしてみるつもりです。

今日はとりあえずこんな感じです。

ではまた~
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ナリ

Author:ナリ
見てくれた方・・・・ありがとうございます。

山口県に住んでいます。

色々なカードゲームをしています♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR