日曜日の反省会(ゼクス記事)

今日はゼクスのお話。

日曜日に対戦をしましたが、それらの感想をいくつか。


トーチャーズ単
ノスフェラトゥー単
プレデター単
マーメイド単

この4連敗の内
ノスフェラトゥー単とマーメイド単に関しては勝てる可能性のあった試合でした。
この4連敗の主な原因は、日曜日にも書いた通り、攻めと守りの切り替えがうまくできてませんでした。

負けた試合の多くは相手のライフが3以上であまり攻撃が出来ていませんでしたね。
つまり守りすぎたわけです。
守ってる途中に攻めるタイミングかあった試合というのが、ノスフェラトゥー単とマーメイド単ですね。
ノスフェラトゥー単に関しては、新弾のSRのゼクスが生き残った為、そのタイミングで攻めに転じるべきでした。
マーメイド単は自分のライフが4点、相手が2点の場面の時にこっちのプレイヤーをがら空きにしてでも1点与えるべきでしたね。
相手のデッキを考えるとプレイヤースクエア4パンは難しかったはずなので、2点を1点にすべきでした。
その辺は反省です。

この4連敗の敗北から、攻める姿勢を見せるようにしました。その結果、

ミソス単
黒単
キラーマシーン単

の3連勝です。
どの試合も攻めるタイミングを見計らってとにかく攻撃していきました。

ミソス単は一番最後のターンにビンガを使い、ウンディーネを出し、ビンガを相手プレイヤー横につけて最後の1点をもぎ取りました。
とても綺麗な勝ちかたをしたので、お互いに、
「やべぇ。めっちゃスッキリしたわ(笑)」
的な感じでしたね。

キラーマシーン単は相手が速攻タイプだったので守ったら負けると思いガンガン攻めていきました。

どちらが先に殴りきるかって流れになって、最後のターンは相手のライフから1枚でもなんか出たら負けって場面で、守るかどうかを考えて、守りきれないと判断し、攻撃したことで勝てました。
終わったあとに守ったらどうなったの?って相手に聞いたら、案の定守りきれなかったですね。
攻めは大事です。

エンジェル単は1弾フィエリテを初手から持ち続けた結果、最終的に使わないでまけ。
ある1手を意識しすぎるのは問題だとわかりました。
ターンの流れから早めにリソースに切るべきでしたね。そうしたからといって勝てていたどうかは少し謎です(笑)

赤単の負けは結構シンプルで、攻め切れないでまけました。
途中で攻撃と守備が入れ替わり、いつの間にか守ってばかりの展開に。
どのタイミングで入れ替わってしまったのかがよくわかっていないので、完敗だったかな?

ケットシー単はシンプルに殴りきりました。
先攻とって、3コストバニラ→4コストバニラ投げたら相手が4コストバニラに対処できなくて勝ち。
先攻4コストバニラは結構ささるのかもしれない。


プラセクト単は初手札が事故ったけどなんとか勝ちました。
新ヘルソーンとヴェスパローゼで勝ちました。
ヴェスパローゼをきっちり引いていたのはよかったです。


ホウライ単はなんかうまく噛み合わずに負け。
完全に作り直しかな?
もうちょい使いたいカードを絞るべきかな?


これらの対戦を終えたあとにケットシーを3回使いましたがそれの敗因は狙いすぎとうまく噛み合っていないという2点につきます。
デッキの組み方もそうですが、ゲームの流れを無視し、特定の動きを狙うのは厳しいと感じましたね。

というよりも多分合っていないんだろうなぁ~

勝てている試合はどれも攻めた時なので、攻めのデッキが向いているのかもしれませんね。

今回の対戦から色々と学んだので次からはそれらがいかせたらいいなぁ~

今日はここまで。

ではまた~
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ナリ

Author:ナリ
見てくれた方・・・・ありがとうございます。

山口県に住んでいます。

色々なカードゲームをしています♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR