一人回しの総当たり戦・ルール説明!

今週は仕事が日勤です。

さてさて、そんなことはさておき、今日はゼクスのやっておきたいことをメモしておきます。


単色デッキの組み立てはそれなりに進んだので、そろそろ最終調整をしようかな?って考えています。

ただ、友達と対戦して調整しようにもデッキ数がデッキ数なので、なかなか調整が進まないというのが現状です。(やれる時間も限られてますしね。)

何かいい方法がないものか?って考えた結果、とある案が浮かびました。

それは、

【一人回しの総当たり戦】
昔ヴァンガードでやったのが懐かしいですね。
あの頃はヴァンガードをやりまくってたなぁ~

説明不要でしょうが、一応説明。

【一人回しの総当たり戦】とは、調整したい沢山のデッキを使い、一人で黙々と総当たり戦を行うとても過酷な作業なのだ!!
デッキ数が増えれば増えるほど対戦数も増えていきますからね。

結構大変です。

ヴァンガードやデュエマではやったことがあるんですが、ゼクスはやったことないので、やってみようっていう好奇心?ってやつですかね?

それだけゼクスのモチベーションが高いってのもありますけどね。


前置きが長くなりました。
今日は、その総当たり戦のルールをメモします!

【第1回・ゼクス総当たり戦・ルール】
①今回の総当たり戦では、8月20日発売の漆黒の堕界までのカードを使用し、ウェイカーが収録されているフリーカードは使用しない。

②対戦はウェイカーの正式発売までに終わらせる。

③自信の無いデッキはできるだけ連続で使用する。

④先攻後攻はトランプで行う。

⑤デッキの調整が目的なので、負け数が多いデッキは理由を考えてデッキをいじる。

とりあえず、この五つをしっかり守っていきたいですね。

詳しいルールは追記にでもメモしておきます。

明日からは、総当たり戦に参加するデッキを1つずつメモしておくつもりです。
メモだけでもかなりの日数がかかるので、総当たり戦は準備ができ次第始めていくつもりです。

今日は、ここまで。
あ、追記は書いておきます。
ではまた~
追記では、総当たり戦のルールについて詳しく書いていきますよ。

【第1回・ゼクス総当たり戦・ルールVer2】

①【今回の総当たり戦では、8月20日発売の漆黒の堕界までのカードを使用し、ウェイカーが収録されているフリーカードは使用しない。】
これは、ウェイカーが各色に出ていないってのが主な理由です。
ウェイカーのある色、無い色で戦力差が出ますからね(^ー^;A
あと、ウェイカーはウェイカーが出てから調整したいですし、ディンギル環境のみでの結果も知っておきたいってのも理由の一つです。


②【対戦はウェイカーの正式発売までに終わらせる。】
これは単純に発売しちゃうとデッキ内容が変わっちゃうから。
今のデッキの調整がしたいので、発売前には終わらせたいです。ってか終わるよね?(笑)


③【自信の無いデッキはできるだけ連続で使用する。】
一応目的はデッキ調整なので、自信の無いデッキを連続で回して、回し方になれたり、何が必要なのか?とかを明確にしたいです。
飛び飛びに使用すると、回し方や必要なものが見えにくいかな?って思ってます。


④【先攻後攻はトランプで行う。】
トランプをよくシャッフルし上から1枚を裏向きで、各プレイヤーの上においてからオープン。
数字の大きい方が『先攻』。
同じ場合は、引いたカードを除外して引き直し。
引いていったカードはすべてはずしていき、適当にまた増やす。


⑤【デッキの調整が目的なので、負け数が多いデッキは理由を考えてデッキをいじる。】
どういう基準で見直すのかがちょっと決まってないかな?
5戦事に負け数を見て、負け数が多ければ見直しって感じかな?
デッキの全体数と対戦数がわかったら明確にしよう。

【追加ルール】
追加ルール等は思い付いたらメモしよう。

とりあえず、今はこの五つをルールとします。

ここまで、読んでくださった方、読んでくださりありがとうございます。

今日はここまで。

ではまた~
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ナリ

Author:ナリ
見てくれた方・・・・ありがとうございます。

山口県に住んでいます。

色々なカードゲームをしています♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR