参加デッキ・No.6 キラーマシーン単(シンクロトロン)

【キラーマシーン単・シンクロトロン】

≪プレイヤー≫
獅子島七尾

≪スタート≫
洗脳機械ブレインウォッシュ×1

≪IG≫
疫病機械ポックス×2
削人機械ドリリング×2
解体機械ディスマントル×4
神判機械ルーリング×4
暴走機械ランページ×4
征服機械コンカラー×4

≪メイン≫
咬断機械グレイヴバイト×1
抹消機械イレイス×1
鞭打機械スパンキング×2
焼夷機械バーンダウン×1
抹消機械デリート×2
『命慟』潰機ミルストーン×2
吸引機械アブソーブ×2
絶叫機械スクリーム×1
穿孔機械ボーリング×2
斬撃機械ブレーダー×1
『命慟』突機チャージ×1
壊蒐機械ギャザリング×1
要撃機械アンブッシュ×3
掃討機兵ペネトレイト×2
斬魔真紅剣シンクロトロン×4
ハートレスエリミネイト×3
≪エクストラ≫
氾濫の『命慟』ティアマト×1
溢れ出る『源海』ナム×3
億劫なる『沈泥』ラハム×2
尊き『星海』ニンガル×4

【各カードの説明】
【洗脳機械ブレインウォッシュ】×1
破壊されたら手札を2枚交換できるカード。
前半の手札事故を少なからず軽減できるので選択しました。

【疫病機械ポックス】×2
ヴォイドブリンガーは2種類選びました。その内の1枚は手札交換のこいつ。
どのタイミングでも効果が使えるので、採用しました。

【削人機械ドリリング】×2
ヴォイドブリンガー2種目。
最初は4枚いれてたんですが、ディンギルLv1を達成していないって場面が多くて使いにくかったので、2枚にしました。
ディンギルレベルをあげやすくすれば採用枚数は増やしてもいいかな?ってカードです。

【解体機械ディスマントル】×4
イグニッションフェイズ限定で1コスト必要だけど、それなりに使いやすいと感じたので4枚にしました。
大型ゼクスを手札に戻せるのは強みですね。

【神判機械ルーリング】×4
ディンギルLv1のゼクス。
ドリリングのことを考えたらこいつも少な目がいいんでしょうが、ドリリングと違いパワーがあるので、そこまで邪魔にならないし、キラーマシーン単なら効果は使いやすいので、4枚です。

【暴走機械ランページ】×4
【征服機械コンカラー】×4
バニラのイグニッションは8枚。5500になれるキラーマシーンが出れば変える予定です。


【咬断機械グレイヴバイト】×1
効果は強力なんだけど、ディンギルLv2がネック。
ディンギルレベルが早く上がるデッキでは無いため、1枚の採用に。引き込んだら、手札交換でデッキに戻しますね。

【抹消機械イレイス】×1
ポックスと同じ効果持ちの、2コスト3000のゼクス。
軽くて手札交換ができるので1枚だけ採用。使い勝手は悪くないです。

【鞭打機械スパンキング】×2
4コスト6000でゼロオプティマ2持ちのカード。
効果対象は自分のゼクスもできるため、連続攻撃に向いています。
手札を温存するために、自分のゼクスを戻すってこともできますね。2枚しか入れてませんが、増やしていきたいかもしれない。

【焼夷機械バーンダウン】×1
効果は使いにくいものの、面白い効果を持っているので採用してみました。
使ってみて、面白い動きができたら増やしていくつもり。

【抹消機械デリート】×2
なんとなくバニラを入れてみました。
必要ないなら外す予定。

【『命慟』潰機ミルストーン】×2
ティアマトを表にして手札交換します。ティアマトは1枚しかないので、控えめの採用。

【吸引機械アブソーブ】×2
エヴォルシードで、手札から3コスト以下を出せます。
3コスト以下には登場時効果が多いので、2枚ほど採用しました。

【絶叫機械スクリーム】×1
なんとなく入れてみた枠(笑)
使いにくかったら外す予定です。

【穿孔機械ボーリング】×2
昔から、キラーマシーンの連続攻撃の起点となるカード。
ただ、最近は低コストのみで完結したりしてるので、本当に必要なのかは謎です。
回してみて、要らないなと感じたら変えます。

【斬撃機械ブレーダー】×1
お試しカードの1つ。効果そのものは強いこと書いてるので、使ってみたいと思って採用しました。

【『命慟』突機チャージ】×1
ティアマトが表になりにくいけど、まぁ使ってみようということで1枚。
お試し採用です。

【壊蒐機械ギャザリング】×1
これもお試し採用の1枚。
出すタイミングが結構難しいです。
使いこなすと強そうなんだけど・・・・・

【要撃機械アンブッシュ】×3
6コスト9000と効果にコストがいらないので3枚採用です。
ほとんど6コスト9000のゼクスとして扱うつもりで採用してます。
最悪バニラでもいいんじゃないか?って最近思ってたりします。

【掃討機兵ペネトレイト】×2
ゼロオプティマ5とかなり使いにくい分類です。
効果が発動できるようになれば、色々とやれるので採用してみました。
序盤から中盤は手札交換でデッキに戻していく感じです。

【斬魔真紅剣シンクロトロン】×4
このデッキの切り札なんだけど、効果が使えないことがたまにあります。
正直、まだうまく扱えてません。
総当たりでうまく使えるようになりたいところ。

【ハートレスエリミネイト】×3
味方キラーマシーンを破壊し2枚ドローできるカード。アドバンテージ的にはプラマイ0なんだけど、イグニッションで出てきたゼクスを破壊すればそれなりにアドバンテージは稼げます。
ただ使いどころが難しいです。
採用枚数は微調整していきたいです。

【氾濫の『命慟』ティアマト】×1
【溢れ出る『源海』ナム】×3
【億劫なる『沈泥』ラハム】×2
【尊き『星海』ニンガル】×4

ディンギルは青の3種をそのまま入れました。
ナムを1枚だけティアマトにしました。
ナムを外したのはパワー的に低いからって理由です。
キラーマシーンは元々パワーが低いので、パワーを取ったらこうなりました。
回してみて除去の方が必要じゃね?って感じたら変えるつもりです。


追記からは回し方等を書いていきます。
【回し方】
【序盤】
後攻の際は手札にハートレスエリミネイトがあると動きやすいです。
ただ狙いすぎると事故るので、あったらいいな程度でいいかもしれない。
序盤はあんまり考えないで殴ったりしてもいいです。
手札交換ゼクスを使って大きいゼクスを戻して、手札のコストバランスを安定させたいところです。


【中盤】
バウンスを絡めて手札を温存していきたいです。
相手のゼクスを戻せないときは積極的に自分のゼクスを戻してもいいですね。
手札が少ないと、シンクロトロンが泣いてしまいます(;>_<;)
うまく手札の枚数を確保したいです。


【終盤】
終盤は隙を見て連続攻撃していくのが無難です。
無理に連続攻撃しなくてもいいので、じわりじわりといきたいです。
コントロール向けじゃないので、シンクロトロンも攻撃に参加しても問題ないです。
むしろ、参加した方がいいですね。
変に効果を使おうとしても簡単に突破されますから、無難に殴りましょう。


【コンボ説明】
①ブレインウォッシュ+ハートレスエリミネイト
後攻で相手が攻撃したときに、ブレインウォッシュにハートレスエリミネイトを使うと、4枚引いて2枚戻すって言う状態にできます。
後攻の場合は狙っていきたいコンボです。

②ディスマントル+アブソーブ
アブソーブの効果はエヴォルシードなので、基本的にはイグニッションフェイズに効果が発揮されます。
なので、アブソーブの効果でディスマントルを出すと、イグニッションフェイズに出すことになるので、ディスマントルの効果を使えるということですね。
このコンボは、覚えておくと楽しいです。

③登場時効果持ち+バウンス効果持ち
基本的なコンボです。
登場時効果持ちに対してバウンス効果を使い、手札に戻してから再登場させます。
一番使い勝手がいいのは、スパンキングかな?

この3つ以外にもコンボがあるかもしれないです。

【弱点】
パワーが低いのが一番の弱点です。
あと、手札を使って連続攻撃していくので、ハンデスがかなりつらいです。
1~2枚ハンデスされただけで、ちょっと辛いです。
【その他】
多分シンクロトロンが一番足を引っ張るかもしれないです。
シンクロトロンを使わずにキラーマシーン単にするのはありだと思いますね。
お試し採用がかなり多いので、総当たりでしっかりと練っていきたいです。


今日はここまで。

ではまた~
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ナリ

Author:ナリ
見てくれた方・・・・ありがとうございます。

山口県に住んでいます。

色々なカードゲームをしています♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR