参加デッキ・No.20 ケット・シー単(メイクーン)

【ケット・シー単・メイクーン】

≪プレイヤー≫
ニーナ・シトリー

≪スタート≫
棒手売のソコケ×2

≪IG≫
天文学者スパングルド×4
会計士アルパイン×2
お世話するリングテイル×2
スクープを追うマンチカン×4
持ち逃げするメイクーン×4
カールの子分その1 キジトラ×4

≪メイン≫
足抜けした元子分キジトラ×3
建築家カラーポイント×2
花売りのバリニーズ×2
お買い物するボブテイル×2
ニャインライブズ メイクーン×4
ニャインライブズ ワイヤー×2
気まぐれ王ミケ×1
面倒見の良いサイベリアン×3
近衛隊長ソマリ×3
イル・ラク・サアル×2
ケット・シーの市場×2
猫は喜び庭駆け回る×2

≪エクストラ≫
限無栄盛の『創造』ルル×2
広漠なる『勝宴』ニンカシ×4
吹き抜ける『高潔』スド×4

【各カードの説明】
【棒手売のソコケ】×2
ケットシーのスタートカードはやっぱりこのカードですよね。2枚か3枚かで悩んで、2枚にしました。

【天文学者スパングルド×4】
ディンギルレベルは上がりやすいので4枚採用しました。

【会計士アルパイン】×2
使いにくいようなそうでもないような。一応2枚にしました。

【お世話するリングテイル】×2
猫は喜び庭駆け回るを使ったあとに出すと、猫は喜び庭駆け回るを回収できますね。パワーが低いので2枚のみの採用です。

【スクープを追うマンチカン】×4
序盤のパワー不足を少し補えるカードです。後半でも使えるカードなので4枚入れました。

【持ち逃げするメイクーン】×4
【カールの子分その1 キジトラ】×4
バニラは8枚です。充分だと思います。


【足抜けした元子分キジトラ】×3
カールの子分その1 キジトラをフォースにしたら効果を発揮できるカード。
パワー不足を少し補えるので3枚採用しました。

【建築科カラーポイント】×2
スリープさせてチャージから展開できます。
効果の発動タイミングなどを考えて2枚としました。

【花売りのバリニーズ】×2
4コストバニラになります。
入れるか迷ったんですが、先攻の時に持っているとそのまま攻めきれたりするので2枚ほど採用しました。

【お買い物するボブテイル】×2
ケットシーでは珍しいレンジ持ちです。相手の不意をつけたらいいなと思い2枚だけ採用しました。

【ニャインライブズ メイクーン】×4
このデッキのキーカードなので4枚採用です。

【ニャインライブズ ワイヤー】×2
効果はなかなか使えませんが、とりあえず入れてみたって感じです。

【気まぐれ王ミケ】×1
ケットシーの王様だけあって、書いてることは強いです。1枚しかないので1枚のみ採用です。複数枚あっても枠がないかも。

【面倒見の良いサイベリアン】×3
猫は喜び庭駆け回るを使うためにはこのカードをリソースに置いておかないといけないので、3枚と多目に入れました。

【近衛隊長ソマリ】×3
チャージからコスト3以下のケットシーを並べることができます。7コストと重いですが、昔からケットシーのエースなので、入れたままにしてます。

【イル・ラク・サアル】×2
ニャインライブズ ワイヤーのディンギルLVを早く達成するために入れました。

【ケット・シーの市場】×2
猫は喜び庭駆け回るが毎回使えるとは限らないので保険として採用しました。

【猫は喜び庭駆け回る】×2
盤面を固めたあとに構えたら強いですね。
効果を使えるかどうかは運なので、控えめの枚数にしています。


【限無栄盛の『創造』ルル】×2
【広漠なる『勝宴』ニンカシ】×4
【吹き抜ける『高潔』スド】×4

白単のディンギルをすべて入れて、余ったところにオープン用のディンギルを入れただけです。
ルルじゃなくても問題ないです。


追記からは回し方を書いていきます。
【回し方】

【序盤】
序盤は3コストゼクスはできるだけチャージに残し、他はイグニッションしていきます。
3コストゼクスは、棒手売のソコケなどで展開できるため、チャージに残しておきたいですね。

【中盤】
棒手売のソコケやニャインライブズ メイクーンで展開していきます。ディンギルも使っていきたいですね。

【終盤】
終盤も中盤とやることは同じです。
展開して攻めきってしまいましょう。


【コンボ説明】
①建築家カラーポイント+ニャインライブズ メイクーン
建築家カラーポイントはリソースが6以上あるときに自身をスリープすることでチャージから3コスト以下のゼクスを出すことができます。
ニャインライブズ メイクーンはチャージでは3コストとなるので建築科カラーポイントの効果の対象にできます。ソコケやソマリを使いきった時などに使いますね。

②猫は喜び庭駆け回る+お世話するリングテイル
猫は喜び庭駆け回るを使ったあとにお世話するリングテイルを出し、猫は喜び庭駆け回るを回収するというコンボです。
リングテイルを使い回すことで、何度も猫は喜び庭駆け回るを使い回していきたいです。

③広漠なる『勝宴』ニンカシ+棒手売のソコケ
広漠なる『勝宴』ニンカシはディンギルの中では珍しくチャージを消費しません。
それをうまく利用することで、チャージに3コスト以下を貯めることができます。貯めた3コスト以下を棒手売のソコケで展開するってコンボです。


【弱点】
展開系のデッキなので、先に展開されて盤面を埋められていると辛いです。
除去カードがかなり少なくパワーも低いため、大型が並ぶデッキはかなり苦手です。

【その他】
今後のニャインライブスにどんなのが追加されるかで構築は変わってきそうです。ワイヤーがかなり予想外な効果だったので、ちょっと不安ですね。
ウェイカーは出せなくもないけどメインはディンギルにした方が無難な気がしてます。
総当たりで使うデッキのなかではあまりいじらなくてもよさそうなデッキになってますね。


今日はここまで。

ではまた~
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ナリ

Author:ナリ
見てくれた方・・・・ありがとうございます。

山口県に住んでいます。

色々なカードゲームをしています♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR